忍者ブログ

R指定ではないブログ

まあ、倉庫っていうやつです。

【十話】いきなりレールガン女子高生ヴァーサス

とある地点の地下には深く広く広大な地底の通路が存在した。
入り組んだ構造は勿論自然発生したものではなく、何かが掘り進んだ痕であることを示していた。
はたしてこれらはモグラが掘った物だろうか。
「自分が掘りました~」
女子高生が掘った物だ!!
いきなりレールガン女子高生ヴァーサス
第十話

「ほうらくマトック女子高生」


マトックとは、つるはしの事である。つるはしと言えばピッケルがよく使われるが
「ピッケルは削るものであって、本当はマトックの方が正しいらしいよぉ」
らしいのだ!

この大宇宙には至る所に大きな力を手に入れた存在がいるが、課せられた使命は必ずしも強制されるものではないため、自由気ままに生きている者もちらほらといた。
そして彼女は!
「ここでキラキラを掘ってまーす!」
鉱石とか宝石とかキラキラするなんかを掘っているのだ!

見よ!!この掘削速度を!!これがマトックの繰り出せる土を掘り進むスピードだというのか!?
「文だから見えないでしょ」
ある程度掘り進み目星を付けると、彼女は目的の物を探して精密採掘の態勢に移行する…!!
ところがである!!
「見ツケタゾ!!地上人メ!!」
アッ地底人!
「あっ地底人!」

地底人は地底に住んでいるやつで、力とか強いぞ!
いっぱい来て危ない!
「地上人メ…貴様達ノ土地ヲ貰ウゾ!!」
「あの、土地の権利とか持ってないです」
「貴様ヲ人質ニシテ交渉スルノダ!!」
「なるほど…ところで嫌なんですけど~」
「嫌トハ言ワセンゾ!!」
「そう…なら…」
「ナンダトイウノダ!」
「死ねよやぁ~~~!!」
マトックの切っ先が地底人の首筋に突き刺さる!やべぇ痛いぞ!!
「ゲアーーーッ!!」
即死!!
「ナント!?」
マトック女子高生、戦闘態勢移行!!

「鶴橋ナド使ウ原始民族ニ負ケルモノカ!!
ああっドリル!
「ドリルなんか持って、大人ぶっちゃってさ!大人の傲慢って言うんだよ!!そういうのさあ!!」
「何ガ!?」
地底人はドリルを振るうが、マトックの方がリーチが長いのでダメだぞ!
蹴散らされる地底人!
「やめなさいよ!!」
「コチラニモ事情トイウ物ガ有ルノヲ理解シテ貰オウ!!」
「大人の理屈!!そんなだから、こういう事しか出来ないんだ!!」
あっこの地底人はちょい強いぞ!でもダメだな。
「馬鹿ナ!相手ハ子供ダゾ!?」
「子供じゃないんだよ~!!」
「子供ガァァァ…!」
つよい!マトック女子高生

「粋ガルノモココマデニシロト言ウ事ダ!!」
「何!?」
あっ、超強そうな地底人だぞ!
「地上人ハ好キ勝手ニ地球ヲ汚シスギタノダ!ワカラン訳デハナイダロウ!」
「地球人じゃ、人間じゃないみたいな口ぶりで!!貴方達だって人ではあるんだろう!?」
「我々ハ地底人ナノダヨ!!違ウ生キ物ナノダ!!」
ドリルとマトックの激しい鍔迫り合い、攻防!!
「そうやって…許せない!お前のようなやつが!お前のような傲慢が…宇宙を…」
「何ダ…光ガ!?
女子高生の身体が蒼い光に包まれてゆく…!!
「分かるまい!宇宙を見ようとしない地底人には!宇宙では今…人が…魂が煌めいて…光り輝いているんだぞ!? …光り輝いている!?」
蒼き光は闇に包まれていた地底を眩く覆い尽くす…!
「何ノ光ィ!?」
「宇宙で…今…輝いて…」
光は圧倒的な衝撃波を発生!振動により地底の通路は崩落を開始!!
「マズイ!!崩落スルゾ!!」「急イデ離脱シロ!!」「逃ゲローッ!」
地底に住んでいるからと言って、地底人は落ちてくる土の圧倒的質量に勝てる訳ではない!!覆いかぶさる死の恐怖!!
「私を通して出る光…?」
女子高生に土砂が覆いかぶさり、消えていった。
眩き光も覆われば外へ届くことは無かった。




数分後…そこには元気に掘り進むマトック女子高生の姿が!
「いやあ変なもの見たけどとりあえず地底人がどっかいって良かった~」
女子高生は空腹!食料補給が急務!地上へと出づる!
「は~めちゃくちゃお腹減ったわ~~」
地上に顔を出すとスコップ女子高生が不機嫌な顔で座っていた。
「どしたの?」
「えっらい局地的な地震が起きて夕飯が台無しに…」
「災難~」
「…お前の分もないんだど…。」
「…え~~~っ!!」



おわれ

ツキミ
マトック女子高生。
キラキラするものが好きなあまり原石を探して地底を掘り進む。
戦闘中に何かを受信してなんかトリップしていたが普段はそういう事はないぞ。
スミカ
スコップ女子高生。
超万能近接兵器であるスコップを使い、敵を殺害、後に分解、そして埋めて証拠隠滅するのが得意。
ツキミからお前は土っぽいから苦手と言われているが、お前が言うなと思っている。
地底人
地底に住んでいる。モグラから進化したのかねえ?
土地が狭くなってきたので地上に進出したいのだが、適応が難しいので危ないぞ地上。
白ハゲ
ご存知神である。
病んで黒ハゲになったりしたが、浄化されて白くなった。でも今でもちょくちょく黒いところは見せる。
独特の台詞回しやいろいろとすごいストーリー展開が特に話題に上がるが、個人的にはコンテ力がヤバ過ぎると思うの。
えっ!?貴様達には誰のことを言ってるのか分からない!!   …のかぁー!!!
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
Rark
職業:
女子高生
自己紹介:
ここに来るならばもう分かっているのではないか!?

カウンター