忍者ブログ

R指定ではないブログ

まあ、倉庫っていうやつです。

いきなりレールガン女子高生アーセナル

女子高生兵器庫アーセナル

本家に近い形式のRark版いレ生です。
はてさて、どんなやつらが出るやら。


冬のある時間のとあるブログ。
レールガン女子高生VSが現れた。
レールガン女子高生VSはレールガン女子高生(一般人が想定する原作「いきなりレールガン女子高生」に登場する長井零路を指す言葉。VS版は性格面でマイルドになっている)よりもずっと更新が途絶えており、精神面の不調、チェックの謎の負荷、レイファルクスとか欲しい、等の要因で非更新期間はさらに延び続け、まったくもって自業自得なのだが自責の念で作者は死にかけていた。
だがいきなりRPGツクールVXAceのセールがやってきて、購入した。
誰が助けてくれ。

おおよそ昼頃のトリントン基地。
ジオン残党軍が現れた。
ジオン残党軍は地球連邦軍(一般人が想定する地球連邦政府の軍事部門を指す言葉。腐敗がヤバイ)よりもずっと士気に満ち溢れており、暇をしていたトリントン基地の戦力を圧倒していた。新型旧式が入り乱れるMS大運動会状態となり、状況は混沌を極めていた。
だがいきなりRX-160S バイアラン・カスタムがやってきて、とにかくすごい飛行能力で近づくジオン残党をみんな灰にした。
単独飛行能力の有用性が示された。

内宇宙時間二時のはかせひみつ研究所。
うっかりものの天使が現れた。
天使は女子高生(一般人が想定する女子高校生を指す言葉。ここではその中から人智を超えた能力を発揮する者達を指す)よりもずっと産まれてから過ごした時間が短かったが、その能力の高さから研究所の様々な班から助っ人を求められ、開発班所属にも関わらず戦闘もそれなりに経験しているちょっと名の知れた天使だったが、うっかりはかせがおねしょをした事を示す発言をないしょだったのに逆説的に行ってしまい、背筋が凍りついていた。
だがいきなりすばやい天使がやってきて、自分が漏らしたことにした。
ヴェクターはハービィの優しさに涙した。

合衆国日本宇宙時間五時の大分。
男子高校生が現れた。
男子高校生は自分(一般人が想定する日本人とアメリカ人のハーフを指す言葉。名を中村ボブ)よりもずっとレールガン女子高生に憧れていた。ネットの情報は誤認やガセで混沌としていたが、彼はその中から真実を見つけ出す能力を培い始めていた。そんな中本物と思わしき画像を見つけたところ、それはレールガン女子高生とよく誤認されるサイボーグ女子高生だったが彼は彼女でもよくシコっているので、もしかしたらコスプレ写真かもしれないが保存をしようとした。
だがいきなり長いレールガンを持った女子高生がやってきて、とにかくすごい勢いで削除依頼を出した。
画像が本物である事が証明された。

CC二百十四年一月の月面。
YSX-24RD/NE<ゼルフィカール/NE>が現れた。
YSX-24RD/NEはYSX-24<バーゼラルド>(一般人が想定するフレームアームズ<YSX-24 バーゼラルド>を指す言葉。無理やり見た目重視にさせられたことで装甲の薄さが大変なことになっている、という設定だがキット的にはパーツ数が多くて重装甲)よりもずっと高性能な特注品だったが、それでもNSG-Z0/G<マガツキ・崩天>はメチャクチャに強く、集中砲火を受けたYSX-24RD/NEは爆発に包まれ撃破されたかに見えた。
だがいきなり爆発の中からLX-00<レイファルクス>が現れ、周辺のFAが謎の機能停止に陥り、LX-00は動かないNSG-Z0/Gを両断し、プラント中枢のAIを破壊して、戦争を終わらせた。
レールガン女子高生みたいだろう?

午前三時のなんか。
レールガン女子高生が現れた。
レールガン女子高生は様々なカップリング(一般人が想定するキャラクター同士の組み合わせを指す言葉。この辺の話題は地雷原が多く、慎重な行動が求められる)が存在し、レールガンショットガン、レールガンなりきり、レールガンガトリング、タカガトリング、レールガンブレードビームライフル、レールガンサイボーグ、レールガン二丁拳銃、ラビットタンクスパークリングなどがあったが、こうしてみると原作はルート広いな、と思うのであった。
だがいきなり女子高生スパイアニメがやってきて、容赦ない百合の嵐が作者たちに降り注いだ。
僕もネタ入れなきゃダメかな?

午前四時の俺んち。
マグナム女子高生が現れた。
マグナム女子高生はノコギリ女子高生(一般人が想定する千原望を指す言葉。庇護欲が強い。意外と常識人だがチェーンソー女子高生と一緒にいると釣られて暴走するので非常に危険)よりもずっと早い段階で産まれたキャラだったが、VSシリーズへはまだ出せない立場であり、登場の機会がないことにイラついていた。これを解消すべく関連作に出そうかなあとは思うのだが、うまい動かし方がよくわかんないんだよねというのが正直なところであった。
だがいきなりガトリングを持った宇宙海兵隊員がやってきて、悪魔を皆殺しにした。
DOOMたのしい。

午後六五八時の異空間。
ノコギリ女子高生が現れた。
ノコギリ女子高生はチェーンソー女子高生(一般人が想定する能古切千花を指す言葉。精神に異常を抱えてクソレズになることが多い)よりもずっとよく死んでいたが、死んでも来週には普通に生きてる系キャラになれば出番を稼げるのではと思い立ったが、毎回死ぬことでチェーンソー女子高生の精神に多大な負荷をかけるのではないかという懸念もあった。
だがいきなりリッチ女子高生がやってきて、ネームド・ゾンビ女子高生の座は自分のものだと釘を差した。
ノコギリ女子高生はリッチ女子高生のなんかになんかをし、粘膜感染でゾンビ女子高生になった。

午後三時の街。
サイボーグ女子高生が現れた。
サイボーグ女子高生はおっぱい(一般人が想定する乳房を指す言葉。レールガン女子高生のそれはもっと控えめなイメージなのだが、なんか大きすぎになってしまうんだよね)よりもずっと他のところを見てほしかったが、いかんせんな大きさから注目ポイントになっており、彼女の羞恥心は限界だった。
だがいきなり長いレールガンを持った女子高生がやってきて、世の美少女達がスク水を下着にして過ごすように改変した。
それはそうと今日もサイボーグ女子高生は視線に恥ずかしがっていた。

午前四時の俺んち。
骸骨女子高生が現れた。
骸骨女子高生はサイボーグ女子高生(一般人が想定する龍頭薊を指す言葉。むちむちしている)よりもずっと身体が細かったが、VS作者からは失禁させたい、痛めつけてえっちしたい等の歪んだ愛情をぶつけられており、不憫だったが、悪役女子高生でもあるためある意味扱いやすく、不憫でもあった。
だがいきなりバール女子高生がやってきて、失禁した。
失禁系女子高生はひとりじゃない!

春真っ盛りの地球。
肌の黒いサイヤ人が現れた。
サイヤ人はサイヤ人の王子(一般人が想定するサイヤ人の王子ベジータを指す言葉。ちょっとめんどくさい性格をしており、事態を悪化させることも割りとあったが、結構な努力家)よりもずっと戦闘力が低かったが、伝説の超サイヤ人の親父ぃであったり、若々しい外見を保つサイヤ人にしてはなんか中年っぽい外見をしていたり、気の色が息子と同じ緑で何か特別そうだったり、衣装の股間の当たりが気になると危険な気がしてきたりと、何か非常に独特のキャラクター性があり、不思議な人気を持っていた。
だがいきなり眼帯をつけた親父ぃが現れて、みんなを驚かせた。
ところでそろそろ超サイヤ人になってはいかがかな?

何時かは知らないが惑星SR388。
最強のバウンティー・ハンターが現れた。
最強のバウンティー・ハンターはメトロイド(一般人が想定する人造生命体を指す言葉。『生体エネルギー』を他の生物から吸い尽くす危険な生物であり、宇宙の脅威)よりもずっと搭載兵器が多岐に渡ったが、通用するのはアイスビームやミサイルと言った限られた武器のみであった。だが類稀な戦闘センスにより凶悪なメトロイド達を次々撃破していき、とうとう女王であるクイーンメトロイドの撃破に成功した。
だがいきなり新たなメトロイドが産まれて、最強のバウンティー・ハンターになついた。
ベビーかわいい。

内宇宙時間十四時のはかせひみつ研究所。
背の低い天使が現れた。
背の低い天使は技師(一般人が想定する秘密組織〈ヘヴン〉の開発班に所属する人造神性付与人間〈天使〉を指す言葉。胸から下が黒いスーツが特徴)達のリーダーである技師長であったが、背が低いので不自由することが多く、踏み台が欠かせない状態になっていた。しかしちょうど踏み台が無い時に自販機からジュースを買いたくなり、しかも手の届かない上の方に欲しいやつがあるので困っていた。
だがいきなりうっかり者の天使がやってきて、エナジードリンクを間違えて代わりに買った。
背の低い天使はエナジードリンクがキマってテンションが怪しくなった。

午後六時の学校。
レールガン女子高生が現れた。
レールガン女子高生はレールガン女子高生(一般人が想定する失った身体機能を義体への置き換えによって取り戻した女子高生を指す言葉。お尻もすごい)よりもレールガン女子高生度数で上回っていると自負していたが、レールガン女子高生もまたレールガン女子高生であり、いつまでも胡座をかいている場合でも無かった。ところで女の子があぐらかくのいいよね。ところがレールガン女子高生の介入もあり、レールガン女子高生とレールガン女子高生は利害の一致による共闘の可能性が産まれた。そもそもレールガン女子高生はレールガン女子高生に敵意が無かったので、レールガン女子高生が一方的に敵視していたのだが。
だがいきなり長いレールガンを持った女子高生がやってきて、レールガン女子高生をもう一人紹介した。
さて、何人のレールガン女子高生がいるか分かるかな!?

お昼じゃないかなと思うが惑星ブリオ。
バウンティー・ハンター、ランダスが現れた。
サムスはランダス(一般人が想定するフィリジス出身のバウンティー・ハンターを指す言葉。格好いい。氷を自在に操り、足元に氷を生成することで空中をサーフィンのように移動するのが格好いい。サムスを颯爽と助けに現れたりして格好いい。テーマ曲が格好いい)よりもずっと汚染が進んでいなかったが、ランダスは既に手遅れであり、借りを返すこともできないまま戦う事になってしまった。戦闘の末、自我を取り戻したようにも見えたのだが。
だがいきなり氷柱がランダスを貫き、絶命してしまった。
Rarkがショックを受けた。

午前六時の俺んち。
バール女子高生が現れた。
バール女子高生はスレッジハンマー女子高生(一般人が想定する砂島槌子を指す言葉。ちっちゃい)よりもずっと身体が出るところが出ていたが、VS作者からは失禁させたい、怖がらせてえっちしたい等の歪んだ愛情をぶつけられており、不憫だったが、あんまり強くない女子高生でもあるためある意味扱いやすく、不憫でもあった。
だがいきなりショットガン女子高生がやってきて、失禁した。
失禁系女子高生の開祖だ!

空前千時の女子高生空間。
未登場の女子高生が現れた。
女子高生はショットガン女子高生(一般人が想定する庄司沙希を指す言葉。よく失禁する)よりも先に生を受けたが、本家には未だ未登場であり、同期の火縄銃女子高生は危険すぎるスピンオフを持っていたりもするのに一人だけ影が薄かった。
だがいきなり長いレールガンを持った女子高生がやってきて、解決法を提示した。
二丁拳銃女子高生IIが産まれた。

〈烈風〉宇宙時間午前一時の日本。
快楽犯が現れた。
快楽犯は愉快犯(一般人が想定する世間を騒がせてその反応で快楽を得る犯罪者を指す言葉。軽度のやつはいっぱいいて厄介)よりもずっと快楽に貪欲であり、犯罪をすると性的快感を感じるという異様な性的嗜好を持っていたため、毎日のように色々とシャレにならない犯罪を繰り返していた。今夜はこないだ窃盗した大量のぱんつを人んちに貼り付けまくるというおぞましい犯罪を行ったばかりであり、彼女のなんかは快楽で濡れそぼっていた。
だがいきなりチェーンソーを持った女子高生がやってきて、快楽犯をこらしめなんかをした。
チェーンソー女子高生は勝利の快楽を堪能した。

お昼頃だと思われるマンションの一室。
小包が現れた。
小包は女子高生(一般人が想定する女子高生を指す言葉。金に弱く、プラモの知識は無いが包容力を持つ)よりもずっと小サイズの少女型ロボットを包んでおり、要は家にもう一人増えることを意味していた。
だがいきなり小包からレイファルクスが出てきて、ベリルアーマーの発動により轟雷を強制的に寝かせた。
いたずらを怒られた。

午後五時のコンビニ前。
二人の不良が現れた。
不良達は喧嘩(一般人が指す個人間の闘争を指す言葉。確率で友情値が上がることもある)よりもずっと遊ぶことが好きだったが、今回はお互いに引けない理由があり、拳と拳で決める男の戦いが始まりそうになっていた。しかし若い感情が迸るあまり、コンビニ前という他の人々に迷惑な場所で開戦しそうになっており、ちょっと困ったことだった。
だがいきなりサイボーグ女子高生がやってきて、喧嘩を制止しようと説得した。
不良達はおっぱいに目が行って話が頭に入らなかった。

〈烈風〉宇宙時間午後六時の公園。
別れそうなカップルが現れた。
カップルはセックス(一般人が想定する性的行為を指す言葉。同性なら発生しないと思ったら大間違い)よりもずっと心と心を繋げたかったが、価値観の違いで破局同然に陥っており、双方ともにヒステリックに喚き散らす有様だった。大声で泣き喚き、怒号を上げ、公園の空気はあまりにもズタズタにされていた。
だがいきなりシザーブレードを持った女子高生がやってきて、運命の赤い糸を切断した。
女子高生は運命の糸が欲しかったが、消滅して手に入らなかった。

確か朝頃かな?の地球。
救済グループが現れた。
救済グループは武装ボランティア(アメリカから派遣された民間の国際治安組織。兵器メーカーから供与される新鋭兵器で武装し、上層は異様な力を擁す少年達で構成されている)よりもずっと食料確保に行き詰まり、各拠点の放棄を開始、武装ボランティアの輸送トレーラーの奪取により避難民を南日本に移送することを企てていた。狩猟班のサキはその作戦を遂行する中で大型のルフィアンと武装ボランティアのカチュアを撃破する。しかし大型ルフィアンの捕獲がカチュアの任務だったため、それを失敗させられたカチュアは怒り、超能力によりサキに襲いかかる。再び撃破され、ビルから落下していくカチュア。
だがいきなりカチュアが超大量出血をして、新宿が血の海に沈んだ。
「さあ…サキ…力をみせなさい…」
サキもまた血の海に沈んでいく。
だがいきなり巨大な腕が出てきて、巨大な異形と化したサキが現れた。
しかしカチュアもまた異形となり、この世の光景とは思えぬ戦いが始まった…。
何が起きてるか分かるかい。
罪と罰 ~地球の継承者~公式サイトより引用

午後六時頃の公園。
二人の不良が現れた。
片方の不良は金平糖(一般人が想定する地球連邦軍の宇宙要塞を指す言葉。前はジオンの物でソロモンという名称だった。T3部隊がTRシリーズの開発を続けている)よりもずっとシュークリームが食べたかったが、行きつけのコンビニにあるそれは高く、買ってしまうと二人とも満足できる量食べられないという問題があり、だがしかし彼はどうしてもシュークリームを、こいつと一緒に食べたいという気持ちだった。だが相方はどうかというとドーナツの気分であり、それもはんぶんこして一緒に食べたかったが、いきなりシュークリームを食べたいと強い勢いで言われ、そこからお互いに譲れず、しかし自分に勝ったほうが意見を通すという譲歩が行われ、男の戦いが勃発しそうになった。だがいきなりおっぱいのでかい女子高生がやってきて、何か話しかけてきたが、あまりにでかいおっぱいに話が頭に入らず。しかしこんな所で喧嘩をしてはいけないという内容はなんとか認識できた。不良達はこんな所で喧嘩しそうになったのを反省したが、それ以上におっぱいに魂を揺るがされ、二人は他の費用から切り崩してエロ本を買った。
だがさっき見たおっぱいに比べるといまいちイケるおっぱいではなく、とにかくすごい勢いでしょんぼりした。
夕暮れ公園の空でカラスが鳴いていた。

↓NEW↓


午後六半時の学校。
紹介されたレールガン女子高生が現れた。
レールガン女子高生はレールガン女子高生(一般人が想定する肌着代わりにスクール水着を着込んだ女子高生を指す言葉。ものぐさ)よりもずっと近接戦闘経験が豊富だったが、このメンツではそうそう近づけないだろ、と思うかもしれないが、何しろ豊富なんで遠距離戦から必殺の間合いに近づくことも彼女には可能だった。しかしレールガン女子高生も近接戦闘の心得があり、レールガン女子高生同士の対決なのに剣戟の激突もある、見ごたえのある戦闘が展開されていたが、まあようは、新しく連れてきたのに状況はまだ解決より程遠く、レールガン女子高生は困った。
だがいきなり仮面のレールガン女子高生が現れて、とにかくすごい攻撃で威嚇射撃を行った。
前回の答えは「五人」!みんなわかったかな?

午後七時の学校。
仮面のレールガン女子高生が現れた。
レールガン女子高生はレールガン女子高生(一般人が想定する神を指す言葉。レールガンは男性器を意味するもの、つまり両性具有の神であるという言いがかりを受けている)よりもずっと目立っていると確信していたが、仮面のレールガン女子高生という字面でも目立つ存在が現れて一気に雲行きが怪しくなってしまった。仮面のレールガン女子高生はレールガン女子高生同士で争うのはよくないと諭したのだが、レールガン女子高生は自分より目立つのが許せず、話を聞かず襲いかかった。
だがいきなり仮面のレールガン女子高生がとにかくすごい攻撃で、レールガン女子高生をショットガン女子高生に墜とした。
これがショットガン女子高生が誕生した理由とされている神話である。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
Rark
職業:
女子高生
自己紹介:
ここに来るならばもう分かっているのではないか!?

カウンター