忍者ブログ

R指定ではないブログ

まあ、倉庫っていうやつです。

【四話】いきなりレールガン女子高生ヴァーサス

いきなりレールガン女子高生ヴァーサス
第四話

「怒りの鉄拳!」

「ウホーイ!」
この釣りを終え陽気に里に帰ってきた若ゴリラはゴリハルト。
里の中でもゴリラ一倍力が強く、身体が大きく、そして何より優しかった。
ゴリラたちは誰もが彼が次の長になれると認めていたし、彼自身も立派に長を受け継ぐ覚悟があった。

「ウ、ホ?」
そんな彼が目にした光景は半壊した里であった。
「ウホ、ウホホ!?」
「ウ、ウホホホ、ホホ…」
なんということか!?
「ウホ!!」
「ウ・・ウホ・・・」
慌てて長老の家に行ってみると、部屋は荒れ果て、長老は息も絶え絶えの惨状であった。

「ウホホウ!!」
「ウホウホホホ…ウホ
「ウホ!?」
ゴリーナとは、ゴリハルトが将来を誓った絶世の美ゴリラである!!
「ウホ、ウホホ
「ウホホホ!」
許すまじ、チンパンジー盗賊団!!

重傷者を助けた後、ゴリハルトは急いで、しかし確実に旅支度を整え、盗賊団の根城へと旅立った。
怒りを帯びた彼の進軍スピードは凄まじかった。木々をあっという間に飛び渡り、河が立ちふさがれば泳いでみせた。
しかしそれほどの勢いを持ちながら、小動物に危害を加えぬよう細心の注意も払われていた。

そうしてあっという間にチンパンジー盗賊団の元へとたどり着いた。
「キキッ!?」
「ウホッ!」
「キギャーー!!」
「「キキキーーーッ!!」」
「ウホーッ!!」
「「キギャーーー!!」」
そう!いくら雑魚達が集まってもまるで敵わぬ!!
ゴリラはパワー、タフネス、そしてインテリジェンスを兼ね備えたスーパー・アニマル!!
「ウホーーーッ!!!」
そして彼は、若きヒーロー・ゴリラ、ゴリハルトなのだから!!

「キキーーーー!!」
「キキ」「キキキ
一際大きいチンパンジーの大声。そして雑兵達は引いていき、玉座に座る”王”が現れた。

「キキキ
なんたる恐ろしいオーラを持ったチンパンジーか。体格自体はむしろ部下より貧弱に見えるが、その気迫は誰よりも上であった。
こいつは、何かを、持っている!!

「ウホ、ウホホ!」
「キキキキ・・・」
ああ!!あれは無残に縛り付けられたゴリーナ!!
「ウホーホッ!!」
「ウ
まだ息はある、しかし縛り付けられたままではいつまで保つか・・・!

「キキキ、キキキキキッキッキッ」
邪悪な誘い!!だが!!
「ウホッ!!ウホ、ウホ!!」
ゴリハルトが了承する訳がない・・・こいつを倒して、おれはゴリーナを助けるのだ!!

「キキーーーー!!」
親分チンパンジーが取り出したのは・・・ああ、拳銃!!
かつてこの地を進軍した軍隊が残していったものだ!!それを奴は使いこなし、群れのリーダーにまで上り詰めたのだ!!

「ウホーーーーッ!!」
銃弾が飛ぶ!!しかし怯まぬ!!
「キ、キキキーーー!?」
怯まぬ!!!
「ウホォオオオオーーーーーッ!!」
怯まぬ!!!!!
「ウホォォォーーーーーッ!!」
「キギャァァァァーーーーーー!!」
強烈なゴリラ・ストレート!!チンパンジーには耐えられぬ!!一発でKO!!!

「キキッ!?」「キギー!!」「キーーー!!」
リーダーが敗れたと見るや、部下たちはあっという間に散り散りに逃げていってしまった。群れの終わりだ。

「ウホーホ!」
ゴリハルトはゴリーナを助け出した。
「ウホウホホウホ
ゴリーナは彼を抱きしめた。
「ウホーホ
そして彼もまた彼女を抱きしめた。
美しい愛であった。

こうして二人は里へ帰り、ゴリハルトは素晴らしい勇者として讃えられた。
仲間たちの称賛と、最愛の妻のキスで勇者は照れくさそうにはにかんだ。


しかしその様子を悪のはかせがどこからか見ていて・・・?
チャンネル間違えた

ゴリハルト
ちょっと抜けたところもあるが、とても勇敢な若ゴリラ。
人間のトムソンとの思い出をいつまでも大事にしている。

ゴリーナ
振り返らぬゴリラはいないと言われるほどの絶世の美ゴリラ。
外見だけでなく、その心までもが美しい。

悪のはかせ
最近バストサイズが増してきて下着の新調を迫られている。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
Rark
職業:
女子高生
自己紹介:
ここに来るならばもう分かっているのではないか!?

カウンター